047-409-8439
ホーム
集客の仕組み
集客プラン ウェブ構築 集客実務 改善サイクル
サービス内容
集客サイト制作 更新型サイト制作 ネット広告運用 メールマガジン
制作実績 テクノターザンについて 制作ポリシー よくある質問 ブログ お問い合わせ
閉じる

小さな会社・お店のSEO戦略

SEOって何?

SEOとはサーチ・エンジン・オプティマイゼイションの頭文字を取った略語です
Search Engine Optimazation
サーチエンジンとは、グーグルやヤフーなど検索エンジンのこと。
オプティマイゼイションは、この場合「最適化」と訳します。
つまり、SEOとは、「検索エンジン最適化」を意味するのです。(きっぱり)
と、これだけの説明で終わらせてしまったら、初めて聞いた人は、わかったようなわからないような、狐につままれたような気になってしまうことでしょう。
よく分からない略語をそれっぽい説明だけして煙に巻くのは、ウェブ業界にありがちです。
余談ですが、もし、これからホームページ製作やウェブマーケティングを外部の業者に委託するとしたら、難しい用語で煙に巻くような業者とは付きあってはいけません。
そういう業者は、あなたにウェブの知識がないことに付け込んで、自分たちが儲かる提案だけをしてくるからです。
そもそも、飲食店のオーナー様は、ウェブの勉強に時間をかけるぐらいなら、その時間を美味しいスープや儲かるランチメニューの開発に使うべきです。
ウェブに関して無知なのは当然です。
その無知をサポートするのが、私のようなウェブコンサルタントであり、ウェブ制作会社の役割です。
話を戻します。
SEOとは、「検索エンジン最適化」だと言いました。
では、「検索エンジン」はわかるとして、この場合の「最適化」とは一体なんでしょう?
何に最適化するのか。
なぜ最適化するのか。
そのあたりを説明しないと、SEOを理解することはできません。
ネット上には、ありとあらゆるホームページが星の数ほどあります。
(実際には星の数より多く、2008年に1兆ページを超えたと報告されてから、もう誰も数えていないようです)
検索エンジンは、その無秩序に増え続けるホームページを整理し、ウェブページと、そのウェブページを必要としている人を繋げてくれるサービスです。
しかし、まだまだ、その技術は発展途上です。
いまだに検索エンジンは、とても素晴らしいホームページを役に立たないと判断したり、逆に、ゴミのようなホームページを、世界中の人々に見せるべき有益なものだと勘違いすることがあります。
そのような勘違いが自分のホームページで起こらないとは限りません。
そこで、検索エンジンが公開しているガイドラインに従って、検索エンジンが理解しやすいホームページを作る必要があります。
検索エンジンのガイドラインに従う。検索エンジンの理解を助ける。
これが、最適化という意味です。
つまり、SEOとは、「検索エンジンが理解しやすいホームページを作ること」なのです。

SEOは上位表示の技術ではない

「SEOとは検索エンジンが理解しやすいウェブサイトを作ること」
この説明を聞いて、「何言ってんだコイツ」と思った方もいるかもしれません。
その方は、「60点のサイトを80点に見せかけて、検索結果の上位に表示させることがSEOだ」と思っているかもしれません。
確かに、そのような見せかけだけの上位表示テクニックが通用した時代もありました。
例えば、千葉県のリフォーム会社のホームページが「札幌 リフォーム会社」と検索しても1位に表示させるようなテクニックです。
しかし、もう、そのようなテクニックは存在しません。忘れて下さい。
札幌でリフォーム会社を探している人に、千葉県のリフォーム会社のウェブサイトに誘導しても、誰にも得がないのです。
60点のウェブサイトを80点に見せかけることは、検索エンジンとユーザーを騙す行為です。
検索エンジンは、そのような行為を認めないとガイドラインに明記しており、そのようなサイトをみつけたら、上位表示はおろか、検索結果に全く表示させないこともあると言っています。
もしお店のホームページが検索エンジンから削除されてしまったら、商売が根本から崩れてしまうことすらあります。
実際、2014年に、ある上場会社が、グーグルの検索ペナルティを受けて倒産寸前まで追い込まれてしまうという事件も起きています。
飲食店が上位表示をするにはどうすればいいのか?
では、ホームページを上位表示するためには、何をすればいいのでしょうか。
それには、二つの方法があります。
一つ目は、正しい意味でのSEOを行うこと。
SEOは、検索エンジンが理解しやすいホームページを作ること言いましたが、専門家の視点でみれば、それすらも出来ていないホームページが沢山あります。
つまり、せっかく60点のホームページを作ったのに、検索エンジンには40点だと評価されてしまっているのです。
少し技術的な内容になりますが、もしホームページ制作を外部に依頼しているのなら、以下の項目がきちんと行われているか確認をしてみてください。
・グーグルのガイドラインを順守している。
・正しい文法でコーディングしている。
・Xml形式のサイトマップをアップロードしている。
・robot.txtをアップロードしている。
・グーグルウェブマスターツールに登録している。
・グーグルプレイスに登録している。
・グーグルマイビジネスを編集している。
・スマートフォンに対応している。
・画像やCSSを最適化して高速表示をさせている。
・canonicalタグで正規ページを指定している
これらは、SEOの基本中の基本であり、決して特別な内容ではありません。
しかし、その基本ができていないために、検索エンジンからの評価を下げているホームページは少なくありません。
もう一つの方法は、コンテンツを充実させることです。
これは、60点のホームページの情報量を増やして、80点のホームページを作るという意味です。
飲食店のホームページは、コンテンツを作りにくいと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
味と素材へのこだわり。宴会プランの詳細。提供できるメニュー。イベントのお知らせ。イベントの結果。地域の絆。創業からの歴史。
まだまだ、ホームページで伝えることはきっとあるはずです。
お客さんが知りたいことを、全て詰め込む。
それが、60点のサイトを80点にするということです。


「ちょっと聞いてみたい」
でも大丈夫です。
お気軽にご相談ください。
047-409-8439 電話受付 9:00-19:00
[この記事を書いた人]
須藤 健之(すどうたけゆき)
株式会社クロスライン代表取締役。
グーグルアドワーズ認定資格者
1977年、千葉県生まれ。
日本大学経済学部卒業、大手総合スーパーに8年勤めた後退職。 2007年、株式会社クロスラインを創業。
中小企業に、ウェブからの集客、利益増の方法を提案。

最近の記事

お気軽にお問い合わせ下さい 047-409-8439 電話受付 9:00-19:00