047-409-8439
ホーム
集客の仕組み
集客プラン ウェブ構築 集客実務 改善サイクル
サービス内容
集客サイト制作 更新型サイト制作 ネット広告運用 メールマガジン
制作実績 テクノターザンについて 制作ポリシー よくある質問 ブログ お問い合わせ
閉じる

台風や大雪の日に飲食店がやるべき接客とは

大荒れの日は臨時休業?

大雨や大雪などで天気が荒れると、ほとんどの店舗ビジネスは売上に大打撃を受けます。
それでも繁華街やビジネス街なら、雨風をしのぐために一見客が来店してくれることもありますが、繁華街から少し外れると、もう駄目です。
店を開けていても、ほとんど誰も来ないということもあります。
そんな日は、個人経営のお店なんかは、早めに店を閉めちゃうところもあります。
そのほうが、諸々の経費もかからないから、得という理屈なのでしょう。
しかし、ちょっと待って下さい。
台風や大雪の日でも、来店してくれるお客さんはゼロではありません。
そして、そんな日に来店してくれるお客さんは、顧客価値めちゃめちゃ高いのが普通です。
大荒れのなか来店するぐらいなのでから、きっとあなたのお店のすぐ近くに住んでいて、あなたのお店が大好きに違いありません。
大荒れの日にお店を閉めてしまうというのは、わずかな経費削減のために、そんな超VIPを追い返してしまうことになりかねません。
長期的に考えたら、大きな損失です。

大荒れの日は顧客サービスデー

だから、台風だろうが、大雪だろうが、そんな悪天候な日こそ、超VIPのために店は開けておくべきです。
大荒れの日は利益のことは忘れて、お客さんと親密な関係を築く顧客サービスデーと決めてしまうんです、。
どうせお客さんは少ないんですから、お客さん一人一人に、いつもはできないような、きめ細かい接客ができるはずです。

大荒れの日だけにしか出さないメニュー

天候の悪い日を顧客サービスデーと決めたら、そんな日にしか出さない、メニューとかサービスを用意しましょう。
普段は、いくら頼まれても出さないものです。
それが常連客に浸透すると、「雨降ってるから、あの店行こうかな」と思い出してもらえます。

ホームページで情報発信する

普段から、臨時休業や営業時間の変更があったらホームページにきちんと載せておき、常連客には来店前にチェックしてもらいましょう。
そうすれば、天候の悪い日でも、「今日もやってるんだ。じゃあ寄っていこうかな」と思ってくれます。
そういう売り上げが、年間通して考えるとバカになりません。
→情報発信できる飲食店ホームページを作る


[この記事を書いた人]
須藤 健之(すどうたけゆき)
株式会社クロスライン代表取締役。
グーグルアドワーズ認定資格者
1977年、千葉県生まれ。
日本大学経済学部卒業、大手総合スーパーに8年勤めた後退職。 2007年、株式会社クロスラインを創業。
中小企業に、ウェブからの集客、利益増の方法を提案。

最近の記事

お気軽にご相談下さい

ほとんどの方にとって、ホームページやネット集客について相談や問い合わせをするのは初めての経験だと思います。
テクノターザンは、ネットやパソコンに詳しく方にも分かりやすいように、専門用語をできる限り使わず、丁寧にお答えします。
とりあえず金額だけ知りたい方、ご不明点やご質問がある方、集客施策にご興味がある方。
お気軽にお問い合わせください。
お気軽にお問い合わせ下さい 047-409-8439 電話受付:9:00-19:00