047-409-8439
ホーム
集客の仕組み
集客プラン ウェブ構築 集客実務 改善サイクル
サービス内容
集客サイト制作 更新型サイト制作 ネット広告運用 メールマガジン
制作実績 テクノターザンについて 制作ポリシー よくある質問 ブログ お問い合わせ
閉じる

人工知能によるネット広告の運用

再という漢字をあやふやに覚えたまま来月40歳になるウェブマーケティングコーチの須藤です。こんにちは。
浦の右側みたいな字とごっちゃになっていて、上に線は出るのか、横に点がつくのかがいまだに覚えられず、人前で再を書くときはごちゃごちゃっと書いてごまかし続けて
います。

ネット広告の運用を人工知能に任せて成果を出す

昨日、将棋の佐藤天彦名人と、コンピューターのAI(人工知能)を搭載する将棋ソフトが対戦しました。
結果は、将棋ソフトの完勝。

ここ最近、このように、AIの目覚ましい進化の話題が尽きません。

あまり知られていないのですが、ネット広告の分野ではAIはすでに実用化されています。

例えば、グーグルが提供するアドワーズ広告は、AIを使うことによって高いパフォーマンスを出すことができます。

一例として、アドワーズ広告を使って、ダイエットサプリメントを販売するとしましょう。

広告で成果を出すためには広告を出す相手、つまりターゲティングがめちゃめちゃを自分で考えて、管理画面から手動で設定していました。

例えば、「30~50歳で大都市周辺に住む女性」に広告を出すという感じです。

今でもこのような設定は欠かせないのですが、オプションとしてAIによる自動運用に設定すると、購入に繋がりそうな人を過去のデータから自動で学習してそのターゲットだけに広告を出すということが可能になりました。

人間が手動で監視するよりも、AIに任せて自動設定にしたほうが、ずっと高い成果を出すようになったのです。

これによって、広告運用の手間がだいぶ省けるようになりました。

もしあなたがアドワーズ広告を自社運用しているのであれば、「スマートディスプレイcampaign」や「目標コンバージョン単価」などを試してみてください。
手間は半分、成果は2倍になるかもしれません。

追伸
AIが広告運用をしてくれるからといって、ビジネスモデル全体を考えてくれるわけではありません。
ネット集客のツールは、広告だけでなく、ブログ、メルマガ、フェイスブック、インスタ、YOUTUBEなど多様です。
どの商品を販売するために、ツールを使うかというのは、
経営者の仕事です。


[この記事を書いた人]
須藤 健之(すどうたけゆき)
株式会社クロスライン代表取締役。
グーグルアドワーズ認定資格者
1977年、千葉県生まれ。
日本大学経済学部卒業、大手総合スーパーに8年勤めた後退職。 2007年、株式会社クロスラインを創業。
中小企業に、ウェブからの集客、利益増の方法を提案。

最近の記事

お気軽にご相談下さい

ほとんどの方にとって、ホームページやネット集客について相談や問い合わせをするのは初めての経験だと思います。
テクノターザンは、ネットやパソコンに詳しく方にも分かりやすいように、専門用語をできる限り使わず、丁寧にお答えします。
とりあえず金額だけ知りたい方、ご不明点やご質問がある方、集客施策にご興味がある方。
お気軽にお問い合わせください。
お気軽にお問い合わせ下さい 047-409-8439 電話受付:9:00-19:00