047-409-8439
ホーム
集客の仕組み
集客プラン ウェブ構築 集客実務 改善サイクル
サービス内容
集客サイト制作 更新型サイト制作 ネット広告運用 メールマガジン
制作実績 テクノターザンについて 制作ポリシー よくある質問 ブログ お問い合わせ
閉じる

あなたのHPは「保護されていない通信」では?

今月に入って、ブラウザの「グーグルchrome」がURL欄のセキュリティ表示を変更しました。
PCでchromeを使っている方は、このページの左上を見て下さい。
URL欄に「保護された通信」と緑色で表示されているのが分かると思います。

これは、このページがSSL暗号化通信を採用している証明です。
これまでは、単なる緑色の鍵のマークをでしたが、今回の変更で、言葉の説明も入りました。

SSL暗号化通信を採用していないページは、これまで通り何も表示されません。
(アイコンをクリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」という表示がでます)

これだけなら大した話ではないのですが、変更点はまだあります。
SSL暗号化通信に対応していない、かつ、パスワードやクレジットカードの入力を求めるページでは、注意を惹く赤色の文字で「保護されていない通信」と
表示されるようになってしまいました。

これは、グーグルから、「このページは安全じゃないよ。大丈夫?」と言われているようなものです。
そんなことを言われたら、閲覧を続けるのを躊躇するのが人間です。
あなたのサイトは大丈夫でしょうか。

「うちのサイトはクレジットカード番号もパスワードも入力することがないから関係ない」
そういう方もいると思いますが、今はよくても、将来的には分かりません。

ウェブのセキュリティ強化は時代の流れですし、グーグルは数年前から全てのウェブサイトのSSL化を推奨しています。
今回の変更は、クレジットカードかパスワードの入力ページだけにアラートを出すだけですが、グーグルの公式発表によれば、将来的に全てのページに同じ措置を行うとのことです。

将来的には、すべての HTTP ページを安全でないと明示し、HTTP セキュリティ インジケーターを、破損した HTTPS に対して表示されるものと同じ赤い三角形に変更する予定です。
出典:GoogleDevelopers Japan
より安全なウェブを目指して

というわけで、SSL暗号化通信のコストが劇的に下がったので、どんな業種であろうとも、この機会に導入することを、強くお勧めします。

追伸
うちのクライアント様で、2013年以降に作ったHPは全てSSL暗号化通信に対応しているので安心して下さい。

追伸2
SSL暗号化通信への対応以外にも、古いHPは色々問題がある可能性があります。今のHPに不安がある方は、下記ページを参考にしてください。
https://www.techno-tarzan.com/main_wp/check


[この記事を書いた人]
須藤 健之(すどうたけゆき)
株式会社クロスライン代表取締役。
グーグルアドワーズ認定資格者
1977年、千葉県生まれ。
日本大学経済学部卒業、大手総合スーパーに8年勤めた後退職。 2007年、株式会社クロスラインを創業。
中小企業に、ウェブからの集客、利益増の方法を提案。

最近の記事

お気軽にご相談下さい

ほとんどの方にとって、ホームページやネット集客について相談や問い合わせをするのは初めての経験だと思います。
テクノターザンは、ネットやパソコンに詳しく方にも分かりやすいように、専門用語をできる限り使わず、丁寧にお答えします。
とりあえず金額だけ知りたい方、ご不明点やご質問がある方、集客施策にご興味がある方。
お気軽にお問い合わせください。
お気軽にお問い合わせ下さい 047-409-8439 電話受付:9:00-19:00